汗の臭いの正体と効果的な対策

汗の臭いの正体と効果的な対策

じめじめと暑い季節になると、汗の臭いが気になるようになります。

 

汗をかかないようにすればいいように思いますが、汗というのは体温を調節するために欠かせない大切なものです。
人間の体は体が45℃以上になってしまうと脳細胞がダメージを受け、生命活動を維持するのが難しくなります。そのため体は汗を出し、皮膚の表面で汗を蒸発させることで体温が上がり過ぎるのを防ぎ、体温を調節して外気の熱から体を守る役割をさせます。

 

大切な脳の機能を最適な状態に保てる37℃くらいになるように、汗をかく量を調節することでバランスを保っています。

 

汗の臭いの正体

 

汗の99%は水分で、もともとは臭いなどありません。でも汗をかくとあの独特の酸っぱいようなにおいを放つのは、汗そのものが匂うのではなく、皮膚についている雑菌によるものです。

 

皮膚の常在菌は皮脂や不要になった角質、汗などの混ざったものを栄養源として増えてゆくのですが、その際に脂肪酸などのにおい物質を発生しますが、これがいわゆる汗臭いにおいの正体なのです。

 

汗の臭いを発生させない方法

 

とても大切な役割をしてくれているとはいえ、やはり汗臭いにおいをぷんぷんさせているのはNGです。

 

まずは外出前にはラポマインを使用して汗を抑えるようにします。ただし、制汗剤というのは汗腺を一時的にふさいで汗をかく量を減らすというものなので、あまり広い範囲の汗腺をふさいでしまうことの無いようにしなければなりません。

 

使用する際には部分的に、そして短時間だけ利用するように気を付けます。

 

汗をかいてから臭いを発するまでは約1時間ほどといわれています。そこで汗の臭い対策のためにはにおいを出す前にこまめにぬれタオルやウェットティッシュなどで拭いて汗の成分や雑菌などを取り除くのがおすすめです。

 

そして洋服などに汗が染みると雑菌が繁殖しやすくなります。汗をかきやすいわきの下にはワキ汗パッドを使うことも、洋服に汗をしみこませないために効果があります。

 

わきがを対策