毛穴の黒ずみを予防する生活習慣

毛穴の黒ずみを予防する生活習慣

毛穴の黒ずみが気になる人が多いのではないでしょうか。

 

毛穴の黒ずみの原因は、汚れや皮脂によって毛穴が詰まり角栓となり、これが酸化することによって黒ずんできます。この黒ずみを改善するためには、手間がかかったり時間もかかります。こうした手間がかかる前に、黒ずみはできれば予防したいものです。黒ずみを予防するポイントとしては、普段の生活習慣が大きく関係してきます。

 

毛穴の黒ずみの原因として大きく関わってくるのは、皮脂です。この皮脂の分泌はホルモンバランスによっても大きく違ってきます。ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすく角栓ができやすくなってしまいます。そのため、ホルモンバランスを整えることが、毛穴の黒ずみ予防の大切なポイントとなるのです。

 

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を送ることが最も大切です。睡眠を十分取るようにし、バランスのいい食事を心がけるようにしましょう。特に睡眠は、寝ている間に新陳代謝が活発になるため、美肌づくりにも大きく影響しています。

 

夜の10時〜2時の間が最も新陳代謝が活発になる時間と言われていますので、できるだけこの時間帯には寝るようにするといいでしょう。また、ストレスもホルモンバランスに大きく影響してきます。休日などを上手に利用してストレス発散するようにしましょう。

 

また、普段の洗顔の方法が間違っていることが、毛穴の黒ずみの原因になることもあります。毛穴の詰まりをなくそうとするあまり、過剰に皮脂を落としすぎてしまうと、逆に肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥すると肌を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されてしまうため、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

 

そのため、洗顔も正しい方法で行う必要があります。また、洗顔後は、しっかり保湿することも大切です。肌の乾燥は、皮脂の過剰分泌を招いてしまうため、保湿ケアをしっかり行うことで毛穴の黒ずみ対策となります。